監護権と親権の違いとは何か?

離婚をするときに、子供の監護権と親権問題が挙がってきます。
親権は離婚する前に決める必要がありますが、監護権については定められていません。
親権は、大きく分けると身上監護権と財産管理権というものに分けられます。

身上監護権は、未成年の子供が一人前になるように教育ししつけを行う義務や権利で、財産管理権は子供の固有名義の財産を管理したり、法律行為などを子供に代わって契約したりすることです。
特に何かを定めない限りは親権者と認められた方が親権と監護権の両方を行使することになるのですが、父母のどちらかが親権者になり、第三者を監護権者に定めるという場合があります。
その場合は、第三者が子供を引き取り、監護や養育を行うことになりますので、親権者でも勝手に子供を連れ去ったりはできなくなります。

監護権は、離婚後も父母の話し合いのよって変更が可能ですが、親権者の変更に関しては家庭裁判所を通しての調停・審判が必要になります。

カテゴリー: 婚姻関係など   パーマリンク

コメントは受け付けていません。