あがり症で呼吸困難を引き起こさない為に

人間はあがると、赤面したり、震えたり、汗をかいたり、心臓がドキドキと鼓動が速くなったりします。
こうした経験は、ほぼすべての方がしたことがあると言っていいでしょう。

しかし、あがり症の方の場合、呼吸が早くなりすぎて呼吸困難を起こしてしまう事があります。
これは極度の緊張と不安によって引き起こされる症状です。
こうした症状は、自律神経が原因の為、自分の意思ではなかなかコントロールはできません。
その為、心を落ち着かせる事ができるよう腹式呼吸を行いましょう。

まずは、お腹に手を当てて口から息を吐きましょう。
お腹をへこませながら、十分に息を吐ききったら、今度はお腹を膨らませつつ息を吸いましょう。
息を吸う時は、鼻から吸って下さい。
慣れてきたら、息を吐く時間を延ばしましょう。
息を吸う時間の倍の時間をかけてはいて下さい。
また、息を吸う時は肩を上げて、息を履く時は肩を下げるよう気をつけて下さい。

こうした呼吸法で、心をゆったりとした気分に持っていくよう心がけましょう。

カテゴリー: 緊張してしまう   パーマリンク

コメントは受け付けていません。