脇見恐怖症になってしまう原因はなんでしょう?

脇見恐怖症になってしまう原因は、どのようなところにあるのでしょうか?
自分自身の視線を、とにかく気にしてしまうというところがあります。

よく似た視線恐怖症になると、人の視線を気にしてしまい、自分のことを変に思われているのではないかという症状になります。
しかし、脇見恐怖症は、人から見られているという恐怖では無く、自分自身が見ている視線が気になってしまうのです。
少しだけ、症状が変わりますね。

原因としては、あがり症の症状になります。
基本的には、自分が人からどのように思われているのかという不安からきています。

自分の視線が人から変に思われてしまうのではないかということを、感じてしまい、思わず見てしまいます。
見てはいけないと思いながらも見てしまったことに、恐怖を感じてしまうのです。

あがり症としての治療を考慮し、治していきましょう。内面から、プラスに考える癖を身に付けることで、少しずつ克服していけるでしょう。

カテゴリー: 緊張してしまう   パーマリンク

コメントは受け付けていません。