逆上させない離婚の切り出し方

離婚問題となると、「別れを切り出されてカッとなって…」とか「離婚話に逆上してしまって…」などの理由で、大きな事件になってしまうことがあります。
そうなると昨日まで一緒に暮らしてきた夫婦が、今日には加害者と被害者になってしまうのです。

そういったことにならないよう、相手に逆上させないような離婚の切り出し方を考えてみましょう。

  1. 弁護士などの第3者に立ち会ってもらい、話がまとまらなくても1時間以内には切り上げるようにする
  2. 家などではなく、あえてレストランやカフェなど人のいるところを選ぶ
  3. 離婚したい理由は相手を傷つけたり怒らせないよう慎重に言葉を選び、不満などの自分の感情をぶつけないようにする
  4. わざとらしくならない程度にほめ言葉をまぜて話す

離婚を切り出した後も、話し合わなければならないことはたくさんあります。
その際もなるべく弁護士などの第3者に立ち会ってもらって、話をするようにしてください。
弁護士などの代理人の立会いなら、感情的なぶつかり合いは回避することができます。
自分は大丈夫だと思っていても、何が起こるか分かりませんので、離婚問題は慎重に進めていきましょう。

カテゴリー: 婚姻関係など   パーマリンク

コメントは受け付けていません。