離婚後も苗字を変えない方法

結婚している間は、夫婦は同じ苗字を名乗ることになりますが、離婚した後には戸籍はそれぞれ別になります。
結婚の際に妻が夫の戸籍に入っていた場合、離婚すると妻は夫の戸籍から除籍されることになります。
すると妻は結婚前の戸籍に戻るか、新しい戸籍を作らなければなりません。

離婚した後の戸籍と苗字の選択には、3通りあります。
1.結婚以前の苗字に戻る
2.結婚前の苗字に戻して、自分を筆頭者とした戸籍を新しく作る
3.結婚しているときの苗字を変えないで、自分を筆頭者とした戸籍を新しく作る

原則的には離婚後は、結婚前の姓に戻ることになりますが、結婚しているときの姓を使用することも可能です。
婚姻中の姓を離婚後も使用する場合には、離婚してから3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を、区役所なり役場なりに提出することになります。
元配偶者の承認や証人も必要としないため、自分で手続きをすることが可能です。

また3ヶ月たった以降に姓を婚姻中にものに戻したい場合は、家庭裁判所に「氏の変更許可の申し立て」を行って変更することはできますが、
変更理由を厳しく追求されることとなりますので、できるだけ離婚後3ヶ月の間に決めて手続きをしておいた方がいいでしょう。

カテゴリー: 婚姻関係など   パーマリンク

コメントは受け付けていません。