様々な離婚が認められる理由について

離婚するには、双方の合意がある場合はどんな理由であれ認められます。一方が反対して離婚の合意ができなかった場合もあるでしょう。

性格や価値観の違いなどで、はっきりとした理由もなく、お互いに納得して離婚することを協議離婚といいます。
協議離婚は、夫婦の合意のもとで行われるので、離婚の制限はありません。

一方が離婚に反対して、離婚の合意が成立できなかった場合は、家庭裁判所に申し立てができます。
そしてそれでもうまくいかなければ、裁判を起こすことになります。
裁判で離婚が認められる理由は、民法第770条により5つに分けられています。

1.配偶者が不貞行為をした場合で、その場合証拠となるものが必ず必要となり、修復の可能性などにより認められない場合もあります。
2.配偶者に悪意をもって遺棄された場合で、配偶者が生活に困ることがわかっていながら家を出た場合などです。
 金銭的には困らない時には、これに当てはまらない場合もあります。
3.配偶者の生死が3年以上不明の場合で、離婚が成立したあとに当人が現れたとしても取り消されることはありません。
4.配偶者が強度の精神病で回復する見込みがない場合で、医師の診断により結婚生活が困難なときに認められます。
5.その他重大な理由がある場合で、DVやギャンブルなど1~4に当てはまらない理由の時にこちらの項目での申告になりますが、すべての理由で離婚が認められるわけではありません。

カテゴリー: 婚姻関係など   パーマリンク

コメントは受け付けていません。