離婚後の専業主婦に対する財産分与

専業主婦だと収入はありませんが、そういった場合でも財産分与は出来るのでしょうか?
答えは、請求する権利はあります。そして夫は請求された場合、支払いをしなければなりません。

たとえ収入がなくても、専業主婦には家事や育児などにより財産形成に携わっていると認められているのです。
これを清算的財産分与といいます。
その財産分与の割合は、夫婦間の話し合いで決めることができます。
そういった問題で調停や裁判までいった場合、最近ではだいたい3~5割程度の財産分与の割合で認められていることが多いようです。

また専業主婦の場合、離婚すると生活は不安定になるでしょう。
その場合、妻が自分の力で生活できるようになるまでサポートするべきであるとされ、これを扶養的財産分与といいます。
しかしこれはすべての人が当然もらえるという権利ではなく、もらったとしても金額と期間には制約があり、清算的財産分与や慰謝料とは別に与えられる、補助的なものとなります。

離婚前に別居している期間が長くなると、財産形成に携わっている期間もそれだけ短くなっているということなので、その分、財産分与に対する割合も低くなります。

カテゴリー: 婚姻関係など   パーマリンク

コメントは受け付けていません。