熟年離婚の慰謝料の相場とは?

以前は、熟年離婚は比較的少ない傾向にありましたが、2007年4月に年金分割制度の導入に伴って増えてきているようです。
今後も団塊世代による熟年離婚が、増えてくるのではないかと言われています。

この制度は、夫の年金を分割して受け取ることが出来るので、離婚した後の生活形成の手助けになるでしょう。
しかし、だからといって離婚を勧めているというわけではありません。

その他、離婚によって慰謝料も受け取ることができます。
慰謝料とは浮気や暴力などによって、精神的苦痛を受けたという場合に、金銭的賠償として請求することができます。
離婚の理由でよく使われる、性格の不一致というのは、慰謝料の対象にはなりません。

精神的苦痛をお金に換算するのは難しいのですが、だいたい相場では200~300万円くらいです。
しかし、熟年離婚となると、婚姻期間の長さや相手の社会的地位を考慮して、若い夫婦より慰謝料の金額は高くなっています。
だいたい相場で300~500万円ほどではないでしょうか。

カテゴリー: 婚姻関係など   パーマリンク

コメントは受け付けていません。