うつ病の場合の離婚調停とは?

うつ病になったことで、離婚はできるのか、できない場合が多いです。
うつ病は回復の見込みがない精神病として、裁判所が認めないケースが圧倒的に多いからです。

しかし、全く離婚が認められないというわけでもなく、主張の仕方によっては、離婚が認められる場合もあります。
例えば精神的な病気の療養に協力したとしても、本人が療養する気がないという場合やその後の生活などのさまざまなことが考慮され、このまま婚姻を継続することは難しいと判断された場合は、離婚ということになることもあります。

しかし、逆の場合もあります。相手の暴力や借金、浮気などが原因で自身がうつ病になってしまった場合は、離婚が認められる要因のひとつになるでしょう。
精神的病気のみが原因ではなくその他の要因がある場合に離婚とうつ病のかかわりは大きくなってくるようです。
離婚調停での話し合いの際に、うつ病の事を理解してもらえるようにきちんと説明することが大切です。

カテゴリー: 婚姻関係など   パーマリンク

コメントは受け付けていません。