離婚の財産分与における共有名義の不動産の扱い方

結婚後に不動産を共有名義で購入し、離婚することになった場合、その不動産は財産分与の対象になります。
しかし、離婚の手続きが済んでも夫婦の財産であった持ち家や夫婦の負の財産である住宅ローンは、何もしなければそのままの状態になります。
そうすると、夫婦のうち、一方は持ち家に住み続け、もう一方はアパートなどに引っ越すことになりますが、ローンの返済は今まで通り二人共が支払い義務を負うことになります。
持ち家に住んでいる方は債務を支払って当然ですが、家を出てアパート暮らしをしている方は納得はいかないでしょう。

この、納得いかない状況を作らないためにも、離婚の際の不動産の財産分与による名義変更が必要になります。
共有名義になっている不動産をどちらか一方の名義にすることで不動産と、ローンの債務を一方にまとめることが出来ます。
しかし、離婚での共有不動産の名義変更の場合、ローンが残っていると簡単に変更することはできません。
というのも、金融機関からお金を借りている場合、金融機関は不動産に対して抵当権を設定しています。
その抵当権設定の際の取り決めに、「金融機関の承諾なしに名義変更を行ってはならない」というものがあるのが普通です。
ですから、名義変更をする前に金融機関へ相談し、審査を受ける必要がありますが、金融機関から断られてしまうケースもあります。

離婚で不動産の名義変更を行う際は、金融機関との交渉に長けているファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談し、手続きを代行してもらうなどした方が無難であるといえます。

カテゴリー: 婚姻関係など   パーマリンク

コメントは受け付けていません。