埋没法で作った二重まぶたの幅はいつ狭くなる?

埋没法では、術後しばらくは二重の幅が広く、不自然な目元になりがちです。
目をつぶった状態では、傷跡が分かる事もありますが、1週間もすればメイクで跡はほとんど目立たなくなります。

ただ、まぶたの腫れはすぐには引きません。
その為、しばらくは二重のラインが予想以上に広く見てしまいます。
不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、腫れが引いていくと厚ぼったく見えていた二重のラインがだんだんと狭くなっていき、1ヶ月ほどで自然な目元になります。

また、埋没法は永久的な物ではありませんので、年齢を重ねると共に幅が狭くなる事があります。まぶたを留めていた糸が緩んでラインが薄れてしまう事もあります。
そのような場合には、まず抜糸を行うのが良いでしょう。
再び綺麗な二重を作りたい場合にも、抜糸を行ったうえで再手術が必要になります。

場合によっては、切開術でなければ形を戻す事ができない事もありますので、必要に応じて担当医と相談されて下さい。

カテゴリー: 目を変えたい   パーマリンク

コメントは受け付けていません。