まぶたのむくみに効く漢方を紹介

むくみは体の水分がうまく排出されていない事が主な原因で起こります。
例えば、飲み過ぎてしまった翌日にまぶたが腫れてしまっている場合などです。
普段から汗をかく事が少ない方や、尿や便の出が悪い方もむくんでしまいがちです。

このような場合には、漢方の中でも利尿作用や発汗作用がある物が効果的です。
五苓散(ごれいさん)や防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)が有名ですが、前者は二日酔いや下痢の症状を伴う場合、後者は疲れやすく汗っかきな肥満症の方によく使用されます。
初めて服用される方は、専門家に症状を説明した上で適した物を選んで貰った方が良いです。

日常的に症状が気になる場合には、生活習慣や食生活の影響によるものである可能性が高いです。
運動や半身浴、塩分の取りすぎに気をつけるなど、生活改善を行いましょう。

また、むくみは、腎臓や肝臓などの疾患が関係している場合もあります。
症状が治まらない場合や、その他の不調が伴うようであれば病院を受診してみましょう。

カテゴリー: 目を変えたい   パーマリンク

コメントは受け付けていません。